低所得者の年収の基準|支援のための補助金や給付金

MENU

低所得者とはどのような人のこと?意味と特徴は?

低所得者とは、文字の通り「所得が少ない人」を指します。
意味は、年収が300万円以下の人だと一般的には言われています。
手取りで200万〜250万位の人を指すことになります。
しかし、低所得者と言われる層に入る人でも、自宅暮らしの独身者ならば、余裕を持って暮らすことができる金額です。
一方で、家庭を持っている人で、子供もいるとなれば、その金額で暮らすことは困難を極めます。
また、市町村民税が課税されない世帯が低所得者だと定義することもありますので、一概にこれといった定義があるとは言えないようです。
しかし、低所得者と言われる人にはいくつかの特徴があります。
まず第一に、炭水化物を多く摂るという特徴があります。
その意味は、食事に十分なお金をかけることができないために、安い菓子パンや麺類(淡水化物)が主食になってしまうからです。
病気になった時には、少しでも費用を抑えるために、市販薬で済ませるという人も多く見られます。
また、肥満の人が多い特徴があります。
この肥満にも大きな意味があります。
所得が少ないと十分な栄養が摂れないために、痩せた人が多いイメージを抱きやすいものですが、低所得者に見られる肥満は炭水化物の摂りすぎによるものなのです。

 

 

低所得者の年収の基準はいくらくらい?

低所得者とは所得が低い者という意味ですが、実際年収いくらくらいが基準となっているのでしょうか。
厚生労働省による低所得者の基準というのは、「住民税世帯非課税」が対象とされています。
具体的には、単身者の場合は100万円、夫婦だと135万円、夫婦で子どもがいると168万円以下は非課税の対象となります。
しかし、実際には、年収が300万円以下の世帯を低所得とみなすことが多いようです。
年収300万円というのは、手取りにするといくらくらいになるのかというと、約200万円〜250万円程度の世帯がこれに該当します。
では、年収が300万円以下の世帯はどのくらいいるのでしょうか。
統計によると、約4割にもなります。
このことを考えると、日本国内において貧富の差がかなり激しくなっていることがわかります。
若い世代でも、正社員としての仕事がなく、アルバイトをして生計を立てている人も多く、その多くがやはり低所得者に入ってきます。
このような若い世代は、収入が少ないために結婚することができないなど、大きな問題にもなっています。
また、基準よりも多い年収であっても、子供がいれば生活はかなり苦しいのが現状です。
いくらくらいあれば、余裕のある生活ができるのかは人それぞれですが、まだまだ厳しい生活を強いられている人が多いようです。

 

 

低所得者が医療費控除を受ける場合の限度額は?

確定申告で医療費控除を受ける場合、低所得者であっても限度額は変わらず200万円です。
ただし、支払った金額が年間10万円を超えていなくても控除を受けられる場合があります。
この控除は、一年間に支払った医療費が、その年の所得の5%と10万円のいずれか低い方の金額を超えた場合、200万円を限度額として超えた分の金額を所得から差し引けるものです。
例えば、その年の所得が300万円であれば、5%である15万円と10万円を比べます。
低い方は10万円なので、最低10万円以上の支払いがなければ適用することはできません。
つまり、その年の所得が低い低所得者は適用を受けられる最低額が10万円を下回る場合があるので、その分、多くの医療費を所得から差し引き税金を安くする事ができます。
例えば所得が100万円であれば最低額は5万円なので、所得が300万円の人と比べて5万円も多く医療費を控除でき、税金も安くなります。
ただし、低所得者でも200万円の限度額は変わりませんし、低所得であるほど源泉徴収されている所得税は少ないので、還付される所得税も少ない、あるいはそもそも無いという可能性もあります。
所得が少ない場合は、10万円を超えなくても医療費控除の対象となるかもしれないと覚えておくと良いでしょう。

 

 

支援のための補助金や給付金について

低所得者には、支援のために補助金や給付金が提供されます。
収入が少なければ支出も減ってしまい、国の経済も潤わなくなってしまいます。
そのような状況の打開のために、給付金などが提供されているという背景もあります。
この低所得者とは、主に住民税が非課税の個人や家庭が当てはまります。
所得が少ない人のためには国などが支援として補助金や給付金を出していますが、原則的に自分で地域の役所などに申し込みへ行く必要があります。
毎年郵便や広告、テレビのコマーシャルなどでも周知されていますが、補助金や給付金を受けたい低所得者の方は情報をしっかり確認しておくことが大切です。
代表的な支援として、全ての年代の低所得者と年金受給者で収入が少ない人のために国が給付金を提供しています。
申し込みのための書類などは定期的に調べることが大切です。
他にも定期的に支援は行われていますので、対象になる方はチェックしておくようにしましょう。
その他にも家庭に事情があり働けない場合などにも所得が少なければ、生活を保障してくれるシステムもあります。
基本的には区役所や市役所に相談に行くことで解決することがありますので、該当する場合は積極的に相談に行くようにしましょう。

 

 

関連サイトの紹介

低所得者の状態が続くと、ふとした時にお金が足りなくなって、キャッシングなどを利用し始めることもあるかもしれません。
それが習慣化してしまうと、気がつけば借金が膨れ上がっていたということもありえます。
借金のせいで、知らないあいだに、ネットカフェ難民になってしまっているようなこともあるんです。
そういう借金苦の状況に陥ってしまったときに役に立つサイトを紹介します。

 

関連サイト「ネットカフェ難民の現状と対策